News

DSCN5551_fb_event

(English is following)

 

 アートプロジェクト「精神の〈北〉へ」は、東日本大震災の被害を受けた東北地方の再生を期して、2013年から福島県において開始しました。人々の真の再生のためには、東北が本来内包していた豊かな精神性を再認識し、それを回復することが必要でしょう。

 その精神性とは、例えば、かつて蝦夷(えみし)と呼ばれた東北の先住民の精神に宿り、鹿踊りや奥州平泉の中尊寺建立供養願文に込められた鎮魂の祈りや、宮沢賢治の世界観にも通底する、「眼に見えない聖なるものへの畏敬」「森羅万象への分け隔てのない眼差し」「動物や森や宇宙とも融和する原初性」が感じられるものです。

 それは、東北のみならず、アイヌ民族や世界の北方民族、さらには地域に限らず、人々の内にあり、私たちはそれを「北方的精神」と呼んでみます。

「精神の〈北〉へ」は、各人にとっての「北方的精神」とは何かを探り、世界的な視野でその共振を図ろうとするプロジェクトです。アーティストや様々な分野の研究者による、知的・感性的な交流と融合を実践し、民族やフィールドの違いを越えて、新たな北方論を紡いでいきます。

 今年の開催では、日本と北欧のアーティストや研究者が、福島野滞在活を経て、それを東京での表現に反映させます。東北と東京、日本と北欧という対比的な土地と環境を認識し、滞在地域の人々を含めた参加者同士の理解を深める体験から、表現が生み出されます。

 ひとつの展示空間に集う多様なジャンルの表現からは、自然発生的にコラボレーションが生まれるでしょう。その場が互いの差異を越えた共振で満たされ、東北や北欧の森のように観客を包むとき、それは分断化され不寛容が強まりつつある現代社会に対する、ささやかな変革の試みとなるでしょう。

 

 

展覧会 精神の〈北〉へ  - かすかな共振をとらえて -
(第6回都美セレクション)

会期:2017年6月9日~18日 9:30-17:30(金曜日は20:00まで。入室は閉室の30分前まで。)
会場:東京都美術館 ギャラリーA(東京都台東区上野公園8-36)
tel:03-3823-6921(代表)
http://www.tobikan.jp
入場無料・予約不要

■参加者:

アマンダ・ビルバリ Amanda Billberg/ダンス(スウェーデン)
ヴィグディス・ハウグトゥロ Vigdis Hougtrø/絵画(ノルウェイ)
ヘレナ・ユンティラ Helena Junttila/絵画(フィンランド)
石倉敏明 ISHIKURA Toshiaki/人類学
高島正志 TAKASHIMA Masashi/音楽
田附勝 TASTUKI Masaru/写真
千葉奈穂子 CHIBA Naoko/写真
丸山常生 MARUYAMA Tokio/インスタレーション・パフォーマンス
丸山芳子 MARUYAMA Yoshiko/インスタレーション・絵画

■イベントスケジュール

【講演】石倉敏明「東北に生きる造形思考」6/10(土)14:00~16:00

【公演】アマンダ・ビルバリ(ダンス)と丸山常生(アートパフォーマンス)による展示作品・音楽とのコラボレーション
part.1・・・6/11(日)14:00~15:30
part.2・・・6/16(金)17:30~19:00
part.3・・・6/17(土)14:00~15:30

【プロジェクト紹介・アーティストトーク】6/18(日)14:00~15:30

■交通案内

JR「上野駅」公園口より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」7番出口より徒歩10分
京成電鉄「京成上野駅」より徒歩10分
駐車場はありません。

■お問い合わせ

info@spirit-of-north.net
詳細の更新は、以下のフェイスブックページをご参照下さい。
https://www.facebook.com/SeishinNoKitae/

 

 

主催:精神の〈北〉へ 実行委員会
共催:東京都美術館
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団、スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団、The Swedish Arts Grants Committeé、Frame Contemporary Art Finland
後援:スウェーデン大使館
協力:西会津国際芸術村、フィンランドセンター(フィンランド大使館)、中野未亜、Su Grierson、studio mar、山川亜古、大野徹人、横手ありさ、Joachim Badenhorst、大岡真一郎、他

————————————————————————

 

 

Spirit of “North:” Sensing Faint Resonances

  The art project Spirit of ‘North’ began in Fukushima prefecture in 2013, with the aim of assisting in the regeneration the Tohoku region through engagement with its culture. This whole area and society had been so badly damaged by the Great East Japan Earthquake in 2011. The rich spirit that inherently existed in the people of this region, as well as the buildings of the cities and towns, needed to be rediscovered and regenerated.

  This project seeks to rediscover the spirit of the indigenous people of Tohoku. Through looking at the heritage of the region which might include such items as the ancients who were once called Emishi, the Deer Dance and the Dedication Pledge for the Chusonji temple of Hiraizumi city, or the views underlying the fairy stories of MIYAZAWA Kenji. Those represent the concepts such as “awe to the invisible holiness”,  “equality to all existence in the universe” and “the primordial nature where humans coexist with animals, forests, and cosmos”.

  This spirit of the North embraces all of these concepts which lie within the people of Tohoku, as well as Ainu and other northern people of the world, and furthermore in all people everywhere.

  In this project, each participant will seek their own respective spirit of the North and try to find the resonance in a global perspective. Artists and specialists in various domains will make exchanges and interactions with their knowledge and sensibilities to weave new Northern theories that surmount ethnic groups and fields of interest.

  This year, Artists and researchers of Northern Europe and Japan undertake ongoing research and creative activities during their stay in Fukushima and Tokyo. They will create their work through perceiving the contrast between Tohoku and Tokyo, or Japan and Northern Europe relating to the locality and environment they are in, and by gaining deep understanding among the participants of the project as well as the  people in the residency area.

  In the exhibition space, the expressions of their various genre will come together and the collaborative effect will arise spontaneously. By bringing together their different approaches, the audience will be lead to see this as a way of change for today’s society which is becoming more divided and intolerant.

 

<Group Show of Contemporary Artists 2017 / Spirit of “North:” Sensing Faint Resonances>

exhibition: 9 – 18 June
venue:    Tokyo Metropolitan Art Museum, Gallery A
 (address: 8-36 Ueno-Park Taito-ku, Tokyo)
tel:03-3823-6921
http://www.tobikan.jp

artist:
Amanda BILLBERG/ dance (Sweden)
Vigdis HAUGTRØ/ Installation, painting(Norway)
Helena JUNTTILA/ painting (Finland)
MARUYAMA Yoshiko/ Installation, painting
CHIBA Naoko/ photograph
MARUYAMA Tokio/ Installation, performance
TATSUKI Masaru/ photograph
TAKASHIMA Masashi/ Sound
scholar:
ISHIKURA Toshiaki/ anthropology

event:
-lecture: ISHIKURA Toshiaki -10, June,14:00~16:00

-Amanda BILLBERG (dance) and MARUYAMA Tokio (performance) collaborate with art and sound:
11, June, 14:00~15:30
16, June, 17:30~19:00
17 June, 14:00~15:30

-Introduction about the project and Artist talk: 18, June, 14:00~15:30

Organiser: Spirit of “North” Executive Committee, Tokyo Metropolitan Art Museum
Sponsors and Cooperations: The Asahi Shimbun Foundation, The Scandinavia-Japan Sasakawa Foundation, The Swedish Arts Grants Committeé, Frame Contemporary Art Finland, The Finnish Institute in Japan (Embassy of Finland in Tokyo),Embassy of Japan in Sweden, Nishiaizu International Art Village, Nakano Mia, Su Grierson, studio mar, Yamakawa Ako, Ohno Tetsuhito, Yokote Arisa, Joachim Badenhorst, Ohoka Shinichiro, etc.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西会津国際芸術村

西会津国際芸術村

今年の最初の活動は、福島県会津地方の西会津国際芸術村 (西会津町)での滞在活動です。
滞在の最後の5月27日、木造の旧中学校校舎は、アート・音楽・ダンス・アートパフォーマンスのコラボレーションと、人類学の講演の場になります。

spirit-of-north-2017omote_website

参加作家

spirit-of-north-2017_detail_website

north_web_3146

精神の〈北〉へ –かすかな共振をとらえて–

「精神の〈北〉へ」は、東日本大震災の被害を受けた東北地方の再生を期して、2012年度から福島県において開始しました。人々の真の再生のためには、東北が本来内包していた豊かな精神性を再認識し、それを回復することが必要でしょう。
その精神性とは、例えば、かつて蝦夷(えみし)と呼ばれた東北の先住民の精神に宿り、鹿踊りや奥州平泉の中尊寺建立供養願文に込められた鎮魂の祈りや、宮沢賢治の世界観にも通底する、「眼に見えない聖なるものへの畏敬」「森羅万象への分け隔てのない眼差し」「動物や森や宇宙とも融和する原初性」が感じられるものです。
それは、東北のみならず、アイヌ民族や世界の北方民族、さらには地域に限らず、人々の内にある「北方的精神」と呼べるでしょう。「精神の〈北〉へ」は、各人にとっての「北方的精神」とは何かを探り、世界的な視野でその共振を図ろうとするプロジェクトです。アーティストや様々な分野の研究者による、知的・感性的な交流と融合を実践し、民族やフィールドの違いを越えて、新たな北方論を紡いでいきます。

今回は、日本と北欧のアーティストや研究者が、福島と東京でのひとつながりの滞在活動を行ないます。東北と東京、日本と北欧という対比的な土地と環境を認識し、滞在地域の人々を含めた参加者同士の理解を深める体験から、表現が生み出されます。
ひとつの展示空間に集う多様なジャンルの表現からは、自然発生的にコラボレーションが生まれるでしょう。その場が互いの差異を越えた共振で満たされ、東北や北欧の森のように観客を包むとき、それは分断化され不寛容が強まりつつある現代社会に対する、ささやかな変革の試みとなるでしょう。

【vol.6:福島での滞在活動】

会津地方の山間地である西会津町に滞在。この地方にある精神性を読み解き、ここで感受し、コラボレーションを試みます。

2017年5月27日(土)14:00-20:00  西会津国際芸術村

(入場無料・予約不要)
福島県耶麻郡西会津町新郷大字笹川字上の原道上5752
tel&fax: 0241-47-3200

http://nishiaizu-artvillage.com/

♦♦ 14:00-16:00 北欧の先住民族サーミを知るドキュメンタリー上映  ♦♦

(共催:スノーコレクティブ)
題名:「サーミ・ニエイダ・ヨイク」
監督:リセロッツ・ヴァイステッツ
旅は多くの眠れる魂から思慕を呼び起こした・・・
スウェーデンの首都ストックホルムに暮らすリセロッツは、サーミである母から何も受け継いでいない自らのルーツを探るため、サーミの地に通い始める。自分たちは何者なのかを見出すために。
それは東北人にとっても興味深い旅のように思える。

♦♦ 17:00-20:00 展示・公演・講演  

アマンダ・ビルバリ/丸山芳子/高島正志/丸山常生/石倉敏明

・アート+ダンス+パフォーマンス+サウンドのコラボレーション
・当プロジェクトの紹介
・人類学の講演とディスカッション

 

【vol.7:東京での展覧会】

福島滞在の体験を反映させた表現が、広いひとつの空間での共振し、このプロジェクトの世界観を表します。

2017年6月9日~18日 9:30-17:30  東京都美術館 ギャラリーA

(金曜日は20:00まで・入場無料・予約不要)
東京都台東区上野公園8-36
tel:03-3823-6921(代表)

http://www.tobikan.jp/exhibition/2017_groupshow.html

 

展覧会:精神の〈北〉へ – かすかな共振をとらえて - (第6回都美セレクション)

石倉敏明/高島正志/田附勝/千葉奈穂子/丸山常生/丸山芳子/アマンダ・ビルバリ/ヴィグディス・ハウグトゥロ/ヘレナ・ユンティラ

公演:ヴィジュアルアート・サウンドアートとコラボレートする身体表現
講演:石倉敏明「東北に生きる造形思考」(仮題)

イベントスケジュール(予定)
6/10(土)14:00~16:00:講演 石倉敏明
6/11(日)14:00~15:30:公演 ダンスとパフォーマンス(ヴィジュアルアート・音楽とのコラボレーション)
6/16(金)17:30~19:00:公演 同上(内容は異なります)
6/17(土)14:00~15:30:公演 同上(内容は異なります)
6/18(日)14:00~15:30:プロジェクト紹介・アーティストトーク

 

お問い合わせ:info@spirit-of-north.net

 

 

ページTOPへ